凹凸肌の最新再生治療とは

凹凸肌の治療は日々進化しています。近年、新たな再生治療として「PRP皮膚再生療法」が 美容外科や皮膚科で広がりつつあります。

 

PRP皮膚再生治療とは、自分の血液中の血小板組織を抽出して 凹凸の気になる部分に注入する治療法。血小板には血管を新しくする・コラーゲンの生成を助ける・繊維芽細胞を 活性化させるなど、肌の働きを活発にする成長因子が含まれています。

 

血小板を注入することで、肌が自力で修復・再生する力を高めることが可能に。 元々自分の体を流れていた成分なので、アレルギーなどの心配も要りません。細胞そのものを活発にするため、新たな皮膚を生み出し徐々に肌が滑らかになります。その他、肌のたるみやクマなどにも効果的です。

 

治療自体は1時間程度で終わる手軽なものですが、 PRP皮膚再生治療にはダウンタイムがあり、腫れや内出血がおこります。 腫れは3日以内、内出血は1週間程度という場合が多いようです。治療を受けた後は、そのまま簡単なメイクをして帰ることができますよ。ダウンタイムの期間や治療に使う血液の濃縮方法など、 病院によっても効果や持続時間が変わってくるため、クリニック選びが重要になります。

 

また、PRP皮膚再生治療の効果は1年程度。 常に効果を得たい場合は継続的に通う必要があります。注入量によって変動しますが、保険が適用されないため 治療には20-30万円ほどの費用がかかります。

 

クリニックによっては白血球や成長因子を添加するなど、さらに効果を高める 工夫がなされているところも。その場合は治療効果が3年以上続くこともあるようです。

 

医療期間での皮膚再生治療は、凹凸肌を根本から治療する方法です。化粧品やサプリメントなどに比べて格段に効果が高い方法ですが、 高額な治療費が必要。予算や肌の状態に合わせて、適切に判断することが大切です。