紫外線には要注意

凹凸肌を改善するにあたって、
紫外線を浴びすぎないようにすることも重要です。

 

<肌への紫外線の影響は予想以上に大きい>

紫外線は地上に届く太陽光の中で、
最も波長の短い目には見えない不可視光線です。
波長によってUVC/UVB/UVAと分かれます。

 

UVCはオゾン層にまでしか到達しないため、
お肌に降り注ぐのはUVBとUBA。

 

UVBは、主に表皮の炎症やシミの原因になります。
紫外線の1割程度と量は少ないのですが、
肌が黒くなる色素沈着反応や細胞が傷つくなど、
影響が強いことが特長です。

 

UBAは長期に渡って肌にダメージを与えます。
紫外線の9割がUVAであり、
知らず知らずの内に蓄積されていきます。
物質を透過しやすいため、室内にも侵入します。

 

UVAは真皮にまで影響し、肌のハリや弾力を衰えさせるもの。
日頃から対策をしていないと肌の光老化が進みます。
紫外線を浴びることでメラノサイトが活発になり、
メラニンを作り出します。
本来は肌を守るための機能ですが、
紫外線を浴びすぎるとメラニンが過剰に生成され、
シミやソバカスの原因に。

 

<紫外線を浴びないようにするコツ>

紫外線や肌を守るには、まずは物理的なブロック。
日焼け止め・日傘・帽子などで肌を覆います。

 

日焼け止めは

・散歩やゴミ捨てなどの日常生活ではSPF10/PA+
・外出時にはSPF10-30/PA++
・マリンスポーツなど長時間外にいる時にはSPF30-50/PA+++

のものがおすすめ。

 

海やレジャー施設に行く予定がある時には、
事前に美白ケアをしておくことで
当日に紫外線の影響を受けにくくなります。

 

また、強い紫外線を浴びる前後には、
意識的にビタミンCを摂るようにしましょう。
メラニンの生成を抑制し、紫外線によって生み出された
活性酸素から守ってくれる抗酸化作用があるため、
予防からアフターケアにまで有効なビタミンです。