凹凸肌の種類

ニキビ跡による凹凸

WS000000
ニキビ跡をそのままにしておくと、
クレーターやしこりとなって肌に残ってしまうことがあります。
一度できた凹凸は、クリニックや皮膚科で
治療を受けなければ自然には治りません。

 

ニキビが悪化すると、
炎症の広がりを抑えるため皮膚組織が破壊され、
炎症箇所がクレーター状の凹みに。
凹んだ肌は、クレーターの深さや大きさによって
3種類に分類されます。

 

<アイスピックタイプ>

幅が2mm以下の、鋭い針で刺したような円錐状のクレーター。
炎症が広がらなかったものの、
早い段階でダメージが真皮まで届いてしまっています。
真皮以下の皮膚組織はきわめて再生されにくいので、
ダメージを受けた部分がクレーターに。
幅が狭いため、メイクなどで隠すことが可能です。

 

<ローリングタイプ>

幅が4mm以上で、断面図が半円状で緩やかに陥没したクレーター。
炎症によるダメージが深くまで達し、
さらに範囲が広くなってしまったものです。
2つのニキビが合体して生まれることも。
肉眼で容易に見えるため、ファンデーションなどでは隠しきれません。

 

<ボックスカータイプ>

幅が4mm以上で、底が平らな箱状のクレーター。
底が平坦なので、余計に目立ってしまいます。
範囲が広いものの、
他のクレーターに比べて炎症のダメージが浅い場合も。
表皮にしかダメージを受けていない場合など、
人によっては治りやすいクレーターです。

 

一方、ニキビが治っても同じ場所がしこりとなり、
凸状のニキビ跡になることがあります。
皮膚組織が大きなダメージを受けたことで、
繊維芽細胞が異常に細胞を作り出してしまうことが原因だとされています。
痛みはなく、触ると硬いのが特徴。

 

毛穴の開きによる凹凸

ニキビではないのに、小さな凹みが無数にできる…。
それは毛穴の開きによるものかもしれません。
ホルモンバランスやターンオーバーの乱れによって、
毛穴が開いて凹みができてしまうのです。

 

皮脂の分泌異常により皮脂の出口が広がることが原因とされています。
元々脂性肌の方は要注意です。

 

コメントを残す