凹凸肌の最新再生治療とは

凹凸肌の治療は日々進化しています。近年、新たな再生治療として「PRP皮膚再生療法」が 美容外科や皮膚科で広がりつつあります。

 

PRP皮膚再生治療とは、自分の血液中の血小板組織を抽出して 凹凸の気になる部分に注入する治療法。血小板には血管を新しくする・コラーゲンの生成を助ける・繊維芽細胞を 活性化させるなど、肌の働きを活発にする成長因子が含まれています。

 

血小板を注入することで、肌が自力で修復・再生する力を高めることが可能に。 元々自分の体を流れていた成分なので、アレルギーなどの心配も要りません。細胞そのものを活発にするため、新たな皮膚を生み出し徐々に肌が滑らかになります。その他、肌のたるみやクマなどにも効果的です。

 

治療自体は1時間程度で終わる手軽なものですが、 PRP皮膚再生治療にはダウンタイムがあり、腫れや内出血がおこります。 腫れは3日以内、内出血は1週間程度という場合が多いようです。治療を受けた後は、そのまま簡単なメイクをして帰ることができますよ。ダウンタイムの期間や治療に使う血液の濃縮方法など、 病院によっても効果や持続時間が変わってくるため、クリニック選びが重要になります。

 

また、PRP皮膚再生治療の効果は1年程度。 常に効果を得たい場合は継続的に通う必要があります。注入量によって変動しますが、保険が適用されないため 治療には20-30万円ほどの費用がかかります。

 

クリニックによっては白血球や成長因子を添加するなど、さらに効果を高める 工夫がなされているところも。その場合は治療効果が3年以上続くこともあるようです。

 

医療期間での皮膚再生治療は、凹凸肌を根本から治療する方法です。化粧品やサプリメントなどに比べて格段に効果が高い方法ですが、 高額な治療費が必要。予算や肌の状態に合わせて、適切に判断することが大切です。

 

凹凸肌のファンデーションの選び方

凹凸肌でそのままメイクをするとぼこぼこが目立ってしまう…。ニキビ跡など凹凸によってメイクの仕方を制限されるのは辛いことですよね。凹凸肌の場合は、凹凸肌に合わせた専用化粧品の使用がおすすめ。

 

まず化粧下地。コンシーラーで隠すという手もありますが、汗や皮脂で崩れやすく全体的に扁平なイメージになってしまうため、下地の使用が望ましいです。微粒子パウダーが配合されたものなら、凹凸の部分を埋められます。肌に直接塗るものですから、美容成分が入っていると尚良いです。

 

ファンデーションに頼るよりも、下地で肌が均一に見えるようにすることが重要。下地は薄く丁寧に塗りましょう。ファンデーションは肌に負担の少ないパウダータイプを。リキッドタイプやクリームタイプで隠そうとしがちですが、油分が毛穴に溜まって新たなニキビを生み出す原因にもなりかねません。パウダータイプのファンデーションは、厚塗りしなくても光を拡散して立体感を出します。

 

凹凸を隠すためには、ファンデーションの色選びも重要。凹凸の部分は赤みを持っていることが多いです。そのため素肌の色よりほんの少し濃いめの色にすると赤みが周囲の色と同化して目立ちにくくなります。

 

または、赤みのある部分だけコンシーラーを塗るのも良いです。その場合は素肌と同じ色を選びます。コンシーラーを使う場合は、ニキビや敏感肌用のものを。

 

注意すべき点は、厚塗りにならないようにすること。隠そうとして厚塗りになってしまうと、逆に凹凸部分が目立つことに…。擦らないようにスポンジでぽんぽんと抑えるように伸ばします。

 

凹凸肌は乾燥しやすく敏感で、刺激に弱くなっています。化粧下地もファンデーションもお肌に優しいものを選んで。化粧下地としても使える乳液やミネラルファンデーションなど保湿ができ、肌への刺激の少ない成分の製品を選びましょう。